賃貸オフィスの物件探しナビ

業務用エアコンつきの賃貸物件はオフィス利用に適していますが、エアコンの使用による電気代は家庭用より高めです。

Pagelist賃貸オフィスの物件探しナビ

業務用エアコンつき賃貸物件をオフィス利用する注意点

賃貸オフィスの物件探しナビ
業務用エアコンつきの賃貸物件は、エアコンを新しく購入する必要がないので、これからオフィスに利用したい人にとって大変便利です。しかし業務用エアコンは、設備単価が高いため、あまり交換リフォームされることが無いのです。極端な言い方になりますが、故障して使用不可能な状態になるまでは、修理や修繕を繰り返して使用し続けられていた可能性が高い設備といえます。旧式の業務用エアコンはエコ設計になっていないことも少なくありません。あくまでも冷暖房効果を優先しているからです。電気使用量が大きくなってしまいがちなので、光熱費は決して安くはありません。そのかわり、スイッチを入れて、比較的短時間で、冷暖房効果の高い風が出てきます。

オフィスの運営は、なるべく経費削減を心がけたいものです。水道光熱費のうちで、最も改善しやすいのが電気代です。エアコンは新しくすればするほど、エコ設計になっていることもあり、電気代制約効果が高いものです。しかし業務用エアコンは、ビジネスシーンで設置されることを前提にしているため、電気代の節約よりも、冷暖房効果のほうが優先されて設計されていることが多いのです。最新の業務用エアコンならばエコ設計が配慮されているものの、交換リフォーム費用は高いです。賃貸物件には業務用エアコン設置済みが多いのですが、これは一度設置してしまうと、交換コストが高くなってしまうことから、設置したままにしていることもあるというわけです。賃貸借契約のときに、業務用エアコンの取扱説明書を請求しておくと、不動産会社が用意しておいてくれることがあります。取扱説明書を見ると、使用電気量の目安や、交換可能部品をチェックするのが容易になり、便利です。

お役立ち情報

Copyright (C)2017賃貸オフィスの物件探しナビ.All rights reserved.